新しい知識は新しい自分を見つける扉の入り口

気づきの部屋

女性向け資格で高収入を得られるのはどんな資格?

      2015/12/16

女性向け資格で高収入を得られるのはどんな資格?

現代は女性もバリバリ働く時代。しかし平均年収を見ると、男性に比べて女性は圧倒的に低い年収です。

では女性で高収入が期待できるものとして、どんな資格があるのでしょうか。

生活していけるだけの高収入が期待できる資格についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
手入れが面倒な庭をコンクリートに!その費用について調査!

雑草が生えて手入れが面倒な庭・・・もしコンクリートにする...

622721
旦那さんのお弁当作りで節約!簡単節約方法をご紹介します。

旦那さんのお弁当を作ることは本当に節約できるもの? ま...

664384
大学のテストはノー勉でクリアできる?点が取れても運がいいだけ!

大学のテストを全くの「ノー勉」や「無勉」という勉強していない...

482538
pdfの印刷を複数からまとめて印刷する方法を解説!

複数あるpdfを一括でまとめて印刷したくても方法がわからない...

209326
カブトムシ さなぎ こばえ

カブトムシ さなぎ こばえ ...

164540
派遣社員!有給休暇申請したい時の理由はコレ!

派遣社員で会社を休みたい時。有給の申請方法はどのようにすれば...

635586
韓国といえば「唐辛子」だけど、その起源とは?徹底調査!

唐辛子は豊臣秀吉が日本から韓国に持ち込んだ・・・それが起源と...

117878
【新生児の準備】1月生まれの予定で必要なものをリストアップ!

冬に生まれる予定の赤ちゃんって、お出かけは少ないものの、どん...

215478
公文は教室によって違いがあるの?良い教室の見分け方!

公文教室はどこも同じだと思っていませんか?ところが教室の先生...

668494
猫用ベッドで寝ないネコちゃん…、対処法と猫の心理!

せっかく買った猫用ベッドで寝ないということは、多々あるようで...

640091
部活を指導する顧問である先生が練習に来ない問題

部活に顔を出さない、指導しない顧問が問題になっていますね。 ...

118164
避妊のためのアフターピル…でも服用に注意しないと失敗します!

避妊に失敗してもアフターピルを飲めば妊娠を防ぐことができると...

210089
ipaとはアルコールの一種。電子機器の洗浄などでよく使われている

ipaとはイソプロピルアルコールというアルコールの一種です。...

242081
京都の舞妓さん、気になる年収はどれくらいか調査!

京都の舞妓さん、気になる年収ですが、どれくらいもらっているの...

119369
アメリカの大学を受験する時の入試制度についてご紹介します。

日本の大学受験ではなく、アメリカの大学へ行きたい!そんな時入...

109449
就活の証明写真で好印象を与える男になる!ポイントを紹介

就活を始めるときに必ず用意しなければいけない証明写真ですが、...

665565
家を建てるなら、外観はおしゃれにしたいときのポイント

家を建てるなら、やっぱりおしゃれな自分好みの家にしたいですよ...

163549
シャツとブラウスの違い知ってる?こんな特徴があった!

シャツとブラウスの違いを聞かれても、なんとなくしかわからない...

115610
神経過敏な状態の時はマッサージなどが効果的!

神経過敏で悩む人は多く、その治療法は人によって様々ですが、マ...

AC_食品020
油の使い回しに注意!酸化した油が下痢や腹痛を引き起こす!

日本人が大好きな天ぷらやから揚げなどの油もの。美味しいですね...

スポンサーリンク

女性向け資格で高収入が期待できるのは?

薬剤師

医療系の資格は個収入になるケースが多いわけですが、特に女性の比率が多く収入が高いのが薬剤師になります。平均年収としては、500万円台前半になります。管理薬剤師になると、600万円や700万円も目指せます。

薬剤師の男女比ですが、ここまで紹介してきた資格とは大きく逆転をします。女性が70パーセント近くになります。女性が働きやすい環境が整っている職場で働くことができます。

・資格概要

試験を受ける前に、薬科大学に入って卒業しなければいけません。いままでは4年制となっていましたが、近年では6年制になるなど、ハードルができてしまいました。しかし、国家資格試験の難易度はそれほどでもありません。

国家試験の合格率は70パーセントから90パーセントほどです。ただ、薬科大学によって合格率はかなり変わってきます。大学選びというものが重要になると理解してください。

・仕事内容

病院や薬局、ドラッグストアで働くことになります。調剤をするのが主な仕事になります。ドラッグストアの場合は医薬品を販売することです。中には自らドラッグストアを経営している薬剤師の方もいます。

引用元-女性が高収入を目指すために必要な資格ベスト5 | 女性の仕事探し!派遣・パートアルバイト情報

女性の資格で生活していけるだけの高収入を得られるのは?

■看護師

 女性が活躍できて、かつ子供がいても高収入が得られる仕事としては定番の看護師。「専門学校に行かないといけないから子持ちでは無理!」と思っている方も多いと思います。

 たしかに、看護師になるには専門学校もしくは大学の看護科に通う必要がありますが、結婚・出産を経験してから看護学校に通い、看護師になったという人もいるんです。費用は年間100~200万円程度かかってしまいますが、奨学金制度を利用すれば貯金が少なくてもチャレンジできますし、資格取得後に病院で一定期間働けば奨学金の返済が免除されることもあるので、子供がいても、お金がなくても取れない資格ではありません。

■教員

 教員免許は、実は通信大学でも取得可能です。大卒の人なら2年程度で取得できますし、大学中退の人でも2年次編入、3年次編入という形で免許をとれることも。高卒の場合は最低4年間は必要になりますが、それでも通信大学の場合は学費も4年間で100万円程度で取得可能です。

 わたしも通信大学に通っていますが、周りにも子持ちの人はちらほらいますし、こちらも奨学金を利用すれば経済的な負担を減らすことが可能です。

 看護師も教員もハードな仕事ではありますが、女性が稼ぎやすい・仕事を続けやすいという面では優れていると思います。

引用元-主婦でも「生活していけるだけの収入」が得られる資格とは? | マネーの達人

女性の資格で高収入につながるのはどんな資格?

さまざまな資格がある中で、特に注目を集めるのはやはり「高収入が期待できる資格」です。
高収入が期待できる資格とはつまり、その資格による就業で、より多くの年収を稼ぐことができる資格を指します。
特に近年女性の社会進出がめざましいこともあり、社会の中で男性と対等かそれ以上の活躍をする為に、資格取得を目指す女性が多くなっています。
 
10代~60代の女性を対象としたアンケート結果では、高収入が期待できると思われている資格の多くは医療系やIT系でした。
これらは、他の業種に比べて比較的高収入であるという印象が強いようです。
 
しかし、さらに高収入を目指すのなら、また違った分野の資格が多く存在しています。
ですから、どういったライフプランに合わせて仕事をするのか、どの程度の収入を目指すのかを明確にしてみましょう。
 
決まった時間で比較的高収入な仕事を目指すか、あるいはバリバリ働いて自分の納得のいく高収入を目指すのか、
そうした目的意識によっても、選ぶべき資格は違ってきます。
ですから、まずは自分のライフプランを元にどれだけの収入を目指したいのか、またそれに伴いどれだけの時間を仕事に費やすことができるのかをしっかり計画していくといいでしょう。

引用元-女性が高収入を稼げる資格とは?

女性はどんな資格を選ぶと高収入を得られる?

●結婚出産は女性のターニングポイント

昔は結婚すれば家庭に収まるという事が全体の風潮でした。今ではどうなんでしょうか?
「結婚後も仕事を続けるか?」
という質問の回答は74%の女性が続けたいと回答。
理由は、

・経済的にも続けれるあいだは継続したい
・経済的な自立の道は持っておきたい

このような回答です。しかし実際出産などを経験すれば難しい現実もあります。
やはり子育てをしながら仕事をする事は少し難易度が上がります。
そこで退職することとなるのですが、復職する際に資格取得を考える女性が多いのです。
●資格選びは重要

どんな資格を取得するかは非常に重要です。それは国家資格でも民間資格でも同じです。
国家資格だからといって必ず収入や就職に役立つとは限らないからです。
よく資格を取得しても活用していない人に見られる特徴として

・国家資格だから取得した
・価格が安いから取得した

このような理由が多いようです。この選び方では収入や就職に有利に働かない可能性は高くなってしまいます。

引用元-どんな資格を女性は選ぶと良い?高収入、転職時、結婚後に有利な資格

大人気の資格で高収入なのは・・・

人気が高い難関資格の王道『公認会計士』

せっかく資格を取ったのに、年収が上がらないなんてイヤだ!という人は公認会計士はどうだろうか。
いわずと知れた高収入・一生稼げる資格として有名な公認会計士。年収1000万円も普通に目指せる資格だが、取得までの道のりはとても困難だ。

標準学習期間は2年以上。受験料は19500円で問題集やセミナー(数千~数万円)、さらに専門学校等に通うと60~70万円ほどの費用が必要。合格率は15%前後とその他難関資格と比較して一見そこまで難しくなさそうだが、他の資格と比較しても中途半端な気持ちで受験する人が少なく、合格率以上に難易度は高い。働きながら取得することも難しい資格であり、試験は年に1回しかないため、そのチャンスを逃してしまうと膨大な時間と費用をまた費やすことになる。しかしながら一発合格が難しい資格のため複数回受験しても合格できず、諦めてしまう人も多い。

勉強期間中をもしフルタイムで働いていたらと考えると投資している金額は1000万円以上におよぶ場合もある。公認会計士の平均年収は800万円前後。50代前半男性の平均年収は670万円程度のため、50代前半の男性が仕事をやめて2年間かけて公認会計士を取得したとすると、投資金額は(想定収入670万円×2年=1340万円)+(受験費用約100万円)=約1500万円。公認会計士の平均年収800万円-50代前半男性の平均年収670万円=年間130万円の利益とすると、投資分をペイするためには52歳までに取得して65歳まで働かなければならない。

実際は2年で合格できたらかなり優秀な方であり、公認会計士になったとたん年収が上がるわけではないため、チャレンジするならば20代がベスト。ハイリスクハイリターンな資格に本気でチャレンジしてみるのもありかも!?

引用元-年収の裏側的稼げる資格ベスト10 – 知らなきゃ損する!年収の裏側 vol.16|転職@type

twitterの反応

https://twitter.com/DDRinUK/status/657173628157607936


https://twitter.com/__mrnko_/status/588688783962320896

 - 仕事

ページ
上部へ