新しい知識は新しい自分を見つける扉の入り口

気づきの部屋

確定拠出年金の運用でおすすめの商品とは?選ぶ基準は?

      2015/12/29

安定した利益が見込めると言われる確定拠出年金個人型(401k)。

その掛け金をどう運用するかは自分で選ばなくてはいけないけど、選び方のコツは?

確定拠出年金の運用でおすすめの商品や選び方についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
自宅で簡単に出来る!ハーブシャンプーの作り方

髪にとって良い効果のあるハーブ。最近では、自分で簡単に作...

no image
気分も明るくなる!?リビングにおすすめの照明の色をご紹介!

リビングとは、家族みんなが集まって団欒するとても大切なス...

no image
大学のゼミが苦痛なときは辞めてもいい?メリット・デメリット

大学のゼミにはいったいどんなメリット・デメリットがあるの...

no image
運転免許がゴールド免許になると、こんな利点もあります!

優良運転者の証し、ゴールド免許には様々な利点があるのをご...

no image
ドグマチールの副作用とは?太るのはドグマチールの副作用?

ドグマチールの副作用にはいったいどんなものがあるのでしょ...

no image
便に黒いものが混ざる…これって病気?それとも…

便を見てみるとなんだか黒いモノが混じっているように思う…...

no image
ツバメの巣立ちの前に巣を撤去すると法律違反になる可能性が?

ツバメの巣立ち後には巣を撤去してもいいのでしょうか? ...

no image
キッチンの換気扇には寿命がある!?交換の目安と換気扇の選び方

キッチンの換気扇には寿命があるって知っていましたか?毎日...

no image
23種類もある【無線】の資格は就職・転職に有利です!

無線の資格の種類は23種類に分かれていて、個人で楽しむも...

no image
郵便で送る宛名や敬称の書き方マナーをご紹介!

郵便物のや宛名の書き方ってみなさん意味は知っていますか?...

no image
秋キャンプは寝具が大事!寝具下の冷気対策も忘れずに!

秋にキャンプをしようと計画した場合、最も大事なのが寝具選...

no image
溶接の資格は強い?溶接資格の種類と取り方を調査しました

手に職を持っていれば…なんて言われますが、工業系の仕事と...

no image
壁紙にカビが・・・アパートに住む時のカビを生やさない対策方法

アパートの壁紙にカビが発生!まずは家具を置いている位置を...

no image
彼女と結婚するか迷う・・・迷う理由と、結婚の決め手をご紹介!

彼女の事は好きだけど結婚するかどうかを迷う・・・そう迷う...

no image
猫もストレスが溜まる・・・地震で怯えている猫への接し方

大地震が起こると猫も人間と同様恐怖を感じ、そしてストレス...

no image
手入れが面倒な庭をコンクリートに!その費用について調査!

雑草が生えて手入れが面倒な庭・・・もしコンクリートにする...

622721
旦那さんのお弁当作りで節約!簡単節約方法をご紹介します。

旦那さんのお弁当を作ることは本当に節約できるもの? ま...

664384
大学のテストはノー勉でクリアできる?点が取れても運がいいだけ!

大学のテストを全くの「ノー勉」や「無勉」という勉強していない...

482538
pdfの印刷を複数からまとめて印刷する方法を解説!

複数あるpdfを一括でまとめて印刷したくても方法がわからない...

209326
カブトムシ さなぎ こばえ

カブトムシ さなぎ こばえ ...

スポンサーリンク

確定拠出年金でおすすめの運用商品は?選び方のコツは?

投資信託を選ぶときに大切なポイントの第一はアセット。アセットという英語を和訳すると、資産や財産といった意味になります。金融用語では「投資対象となる資産」という意味。つまり、その投資信託が「何を対象に運用されているのか」ということを確認しておきましょう。対象となるものとしては日本株式、外国株式、国内債券、外国債券など様々なものがあります。

投資信託のなかでもアセットが異なるとリスク・リターンのレベルも異なりますが、一般的に、違うアセットクラスで少しずつ分散して運用することでリスクは下がることが知られています。例えば「日本株式」を対象とする投資信託と「外国債券」を対象とする投資信託を少しずつ選択するなど、分散して選ぶとよいでしょう。

引用元-確定拠出年金、運用商品選択のコツは? Page 3 – わたしのマネー術 | @nifty

確定拠出年金の運用でおすすめは「パッシブ(インデックス)」?

確定拠出年金では投資信託は「日本株式」「日本債券」「海外株式」「海外債券」「不動産(REIT)」「バランス」という区分があります。また、それぞれで「パッシブ(インデックス)」と「アクティブ」という種類もあるでしょう。

簡単に説明します。投資対象については読んだ通りなので飛ばすとして、パッシブ(インデックスファンド)は「市場平均のリターンを目指す」というものです。国内株式ならTOPIXや日経平均などに連動するように動くことを目標とします。

一方でアクティブは「市場平均以上のリターンを目指す」というものです。ここだけ読むとアクティブの方がよいと思うかもしれませんが、あくまでも目指すだけなのでパッシブ以下の成績に終わることも多々ありますし、なんといっても費用(手数料)が高いというデメリットがあります。

引用元-確定拠出年金におけるおすすめの資金配分 | Money Lifehack

確定拠出年金の運用で初心者におすすめなのは「NISA」

資産運用という言葉を聞いて真っ先に思い浮かべるのが、株式へと投資を目的とした運用方法です。最近ではインターネットなどを活用する事で、スマートフォンやPCなどから直接商品に投資する事ができるようになっており、確定拠出年金をそのまま株式投資へと運用しているユーザーも急増しているおすすめの方法です。もちろん、最低限のリスクや実際に資産運用を始めるまでの手間などはありますが、比較的初心者でも手軽に参加でき、安定した運用を心がければ利益を上げる事もできます。

NISAは確定拠出年金を活用経験がない初心者の方におすすめ

株式を活用した資産運用の新たな方法として注目されているのが、NISAと呼ばれる商品です。NISAとは少額投資非課税制度の略語で、文字通り、少額の投資資金で株式投資を行う事ができる新たな金融商品です。元手が少ないので実際に上げられる収益にも限度がある一方、リスクが発生する確率やリスク額自体も少なく抑えられるので、確定拠出年金を活用した投資を今までやったことがないという初心者の方におすすめできる方法です。

引用元-確定拠出年金の資産運用や投資法がおすすめの理由 | キャリアのことならキャリアパーク

確定拠出年金のメリットとは?

■拠出金が所得控除できること

…と言われてもピンとこないかもしれません。でもこれはなかなかすごいことです。

税金や社会保険料は収入に応じて金額が変わります。確定拠出年金に積み立てた分を収入から差し引けるということは、税金や社会保険料を減らすことにもなります。老後のための積み立てができて税金などを減らすことができるのですからメリット大です。

ただし、厚生年金に加入している人が個人で確定拠出年金に加入する場合には、計算上の所得が減る分、厚生年金保険料も減り、その結果、将来受け取る公的年金が減ることにつながる場合があります。国民年金保険の加入者と厚生年金の加入者ではメリットに違いがでるという点には留意しましょう。

■運用益が非課税になる

預金利息にしても、株式の配当にしても、運用益には20.315%の税金がかかりますが、確定拠出年金なら課税されません。税金を引かれることなく利益を積み上げることができます。さらに、積み立てたものを受け取る時にも税金が優遇される等、さまざまなメリットがあります。

引用元-確定拠出年金のはじめ方 加入できる人やメリットは? (マネーの達人) – Yahoo!ニュース

確定拠出年金個人型は管理コストがかかる?

確定拠出年金個人型は、初回に掛かる手数料と毎月支払う手数料があります。
 
初回に1度だけ支払う手数料
国民年金基金連合会に2,777円
毎月支払う手数料
 
・国民年金基金連合会手数料:103円(年間1,236円)
・事務委託先金融機関手数料:64円(年間768円)
・記録関連運営管理機関手数料:270円(必要のない運営管理機関もあります)
・口座管理手数料:概ね約3,000円~4,000円

口座管理料手数料については、年間0円というところもあれば、年間5,040円という金融機関(運営管理機関)もあります。
口座管理料手数料が0円の運営管理機関を選択したとしても、最低でも国民年金基金連合会手数料と事務委託先金融機関手数料をあわせて年間2,004円のコストがかかることになります。ただし掛金は全額所得控除というメリットがあるため最低掛金の5,000円でもコスト以上お得にはなります。

引用元-確定拠出年金個人型(401k)のおすすめとメリット、デメリット

確定拠出年金は長期運用で考えよう!

確定拠出年金において元本保証商品(定期預金等)への配分は基本的に不要だと考えています。確定拠出年金は超長期で運用するものです。そのため、長期運用による「メリット」を有効に活用するべきだと思います。

その大きなメリットは「税効果」と「長期運用による複利効果」「安い運用コスト」です。この3つが組み合わさることで確定拠出年金の運用メリットは大きく上昇します。

確定拠出年金では、運用成果に対する税金は途中で発生しません。そのため、利回りは普通に証券会社で投資をするよりも上昇します。2014年からは株や投資信託の配当金や分配金には20.315%の税金がかかります。

引用元-確定拠出年金におけるおすすめの資金配分 | Money Lifehack

これがかからないことで利回りが上昇した上、25年以上の長期で運用することによる複利効果が期待できるわけです。

仮に、年利3%で30年間運用したとします。
確定拠出年金以外の場合利回りは税金がかかるので2.39%にまで低下します。一方で確定拠出年金の場合は3.0%のままです。このままでずっと運用されるので、証券会社で投資信託を買うくらいなら確定拠出年金で投資信託を買った方がより効率的に運用できることになるわけです。さらに複利で25年以上できるため、その差はさらに大きくなります

引用元-確定拠出年金におけるおすすめの資金配分 | Money Lifehack

twitterの反応


https://twitter.com/yoga_game/status/658974636172967936

 - 事件・事故

ページ
上部へ