新しい知識は新しい自分を見つける扉の入り口

気づきの部屋

脂質代謝障害の症状がでないのはホント?しかしこんな場合も

      2015/11/02

脂質代謝障害の症状がでないのはホント?しかしこんな場合も

症状があまりでることのない脂質代謝障害

しかし、放っておくと大変なことに!?

予防法をご紹介!日々の食事習慣が大切なんですね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

8ff0a63ad0384b250562f8b4b06dd7d5_s
胃腸が弱い人はヨーグルトが逆効果に。効果的な食べ方と注意点

胃腸が弱いからすぐにお腹をこわしてしまう。ヨーグルトを食...

5e29add35330ca8ab912a32fd4bd59aa_s
ホントにあるの!?マンションの隣人との恋愛事情

あなたはマンションの素敵な隣人に恋をしたことはありますか? ...

63c46763fcafe1795357d98ea2086d64_s
ベビーカーで電車派?抱っこひもで電車派?メリット・デメリット

ベビーカーで電車を利用すると迷惑がられてしまいますよね…。 ...

2b2ae563289d9fb51a569e3d5937a19e_s
ハローワークの登録は在職中でも可能!配慮もしてくれる!

ハローワークの登録は会社を辞めてからじゃないとできないと思っ...

b41d8985ed2773de11a9dcc391cf5f99_s
ニートで就活をしてる女性!正社員になりやすい仕事はコレ!

女性のニートの方…就活しなきゃと頑張っている人も多くいると思...

37c38c7706bc8189a8a3ca34c12cdee1_s
ステンレス製品が変色するのはナゼ?茶色に変色した時の対処法

ステンレス製品は私たちの身の回りにたくさんありますよね。 ...

4e7146db647fe771bf4e0be0a9d1b23e_s
ガラスの破片を食べるとどうなるの?誤飲の場合の対処法

食器のガラスが割れていることに気づかずに破片食べるとどうなる...

623360
アメリカで生活するぞ!服装はとにかく超ラフが基本だ!

留学などでアメリカで生活することになったら、その土地の気候に...

273661
夏に発生する虫は台所のどこから?予防や対策はついて紹介

夏の台所に発生する虫、コバエの予防や効果的な退治方法について...

089933
高校の勉強で重要な数学!その効率的な勉強法について紹介

高校数学の勉強法について考えてみましょう! まず数学の問題...

531504
自動車ディーラーのクレーム事例や賢いクレームの言い方について

自動車ディーラーへのクレームについて 自動車のクレームにつ...

215696
突発性発疹が原因で起こる咳や鼻水の症状について

突発性発疹で咳や鼻水が出た時の対処法とは? まず突発性発疹...

a3510145012884f216c06cd5f05fa21d_s
日本の飛行機の歴史ついて紐解いていきましょう!

ライト兄弟よりも早く飛行機を飛ばした日本人がいるって本当? ...

890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s
賃貸と1軒家を買うそれぞれのメリットについて

家を買う前にメリットとデメリットについてよく理解しておくこと...

e285cb62d9819cf98942f61a2fa62ede_s
ドッペルギャンガーの自転車は改造しないと意味がない!

ドッペルギャンガーの自転車と言えば「改造」ですね。 改...

4edce5feb0556fa9ac296f63d8c14fb7_s
バレンタインのデートの食事代はどちらが払うのかについて

バレンタインのデートの食事代はどちらが持つのがスマート? ...

9cfd8c4279f16b3c1fb732b2a205b0bc_s
猫を病院へ連れて行って帰ってくるとほかの猫を威嚇するように

猫は慣れない場所へ行くことを好みません。 動物病院は色...

05b6b89923fd8b13f61ac6b1ffb276cc_s
塾の先生と生徒のメアド交換は禁止されているところが多い!

塾の先生と生徒のメアド交換は出来るの?規則で禁止されている?...

708cc32362e8835f300c757e413f56e0_s
女友達が多い彼…こんなことが嫌!守ってもらいたいルール4つ!

女友達の多い彼と付き合っていたら、いろいろ不安になって嫌にな...

759cd93e533029157018d3ef537cd8ad_s
夫が子供に嫉妬!?夫が嫉妬する心理と対処方法をご紹介します

夫が子供に嫉妬する!生まれたばかりの赤ちゃんに手がかかる頃、...

スポンサーリンク

実は怖い脂質代謝障害の症状について

症状

脂質代謝異常症の患者さんの大半は症状が全くありません。

しかし、家族性高コレステロール血症の場合には、しばしば手足の腱(けん)や皮膚にコレステロールの成分がたまることによって、腱の一部が大きくはれたり、皮膚に結節(けっせつ)という「しこり」ができたりします。

また黒目のふちにそってコレステロールの白い色素の沈着(ちんちゃく)がみられることもあります。いずれも一般人の数倍程度にLDLコレステロールが高くなっていることが原因です。

中性脂肪の高い患者さんの中には、膵炎を突然おこしてしまうことがあり、その場合は激しいお腹の痛みやはき気、下痢などを認めることがあります。

一方、脂質代謝異常症の合併症として特に重要なのが大血管合併症であり、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)といったものが一般的です。

狭心症や心筋梗塞では胸の圧迫感や胸の痛みが特徴的です。

脳梗塞では手、足の麻痺やろれつが廻らない、場合によっては意識がなくなるといった脳の働きの障害が症状として現れることがあります。

引用元-脂質代謝異常症|慶應義塾大学病院 KOMPAS

症状のない脂質代謝障害だけれども他の病気を引き起こすきっかけに・・・。

高脂血症はLDLコレステロール140mgdl以上、中性脂肪150mgdl以上、HDLコレステロール40mgdl未満のいずれかを満たすものと定義されます。

以前は総コレステロールが220mgdl以上という基準が含まれていましたが、2007年日本動脈硬化学会から出たガイドラインから総コレステロールの基準は削除されました。

また、高脂血症の名称も脂質異常症と変更されましたが、本稿では高脂血症として統一します。

 さて、高脂血症の基準にあるLDLコレステロールはいわゆる悪玉コレステロールであり、HDLコレステロールはいわゆる善玉コレステロールです。

一般的にはLDLコレステロールが上がれば上がるほど、HDLコレステロールが下がれば下がるほど動脈硬化が起こりやすいと考えられています。

中性脂肪に関しても動脈硬化、糖尿病、急性膵炎(すいえん)との関連が示されているので、注意が必要です。

 高脂血症そのもので自覚症状を起こすことはほとんどなく、検診により指摘され、受診するケースがほとんどだと思われます。

高脂血症は動脈硬化を進行させる重要な危険因子であり、これにより脳血管障害や虚血性(きょけつせい)心疾患など動脈硬化性疾患を合併し、生命に危険をもたらすことがあります。

したがって、その治療に当たっては動脈硬化を起こす危険因子を十分に評価したうえで、その治療方針を立てる必要があります。

 日本人の血清コレステロール値は、男性では30〜70代までは加齢の影響をほとんど受けませんが、女性においては加齢とともにコレステロール値が上昇し、閉経後にピークを迎えます。

また、女性においては中性脂肪も閉経後に増加します。

高脂血症は家族性高コレステロール血症など遺伝的な原因による場合や、糖尿病甲状腺機能低下症など他の病気により起こる場合がありますが、加齢、食事・運動など生活習慣に起因することも多いと考えられます。

引用元-脂質代謝異常(高脂血症)|症状や原因・診断と治療方法など – gooヘルスケア

脂質代謝障害の症状がでるころにはかなり悪化しています。

脂質代謝障害とは?

脂質代謝障害とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が増加する状態の事。

この状態が長年続くと、血管の内にコレステロールや中性脂肪がたまってつまりやすくなります。

つまった脂質が動脈硬化を引き起こし、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などの病気を引き起こす原因となります。

コレステロールには「悪いコレステロールをLDLコレステロール」と、「良いコレステロールをHDLコレステロール」があります。

悪玉コレステロールは減らし、善玉コレステロールは増やす事が大切です。

脂質代謝障害の原因脂質代謝障害の主な原因は栄養の偏った食事や運動不足などの生活習慣の乱れです。

高カロリーな食べ物、コレステロールや糖質などを多く含む食べ物、過度のアルコールの摂取は悪玉コレステロールや中性脂肪を増加させます。

タバコは善玉コレステロールを減らします。

運動不足は中性脂肪の代謝を悪くします。遺伝などの体質的なものもあったりしますが、原因を抑える事でどうすべきかが見えてきますね。

脂質代謝障害の症状肥満は気にしていても、体の違和感などの自覚症状は全く無い事が多く、血液検査で偶然わかる人がほとんどだそうです。

逆に、自覚症状が現れる状態は治療が難しくなっている程悪化してしまっている事が多いそうなので、定期的な検査と必要性の自覚が必要ですね。

引用元-脂質代謝障害を改善するには? | atapscurat1981’s Blog

脂質代謝障害を予防する食事習慣をつけよう!

脂質異常症を予防する食事

脂質異常症を予防するためには、日頃からの生活習慣の積み重ねが大事です。

これらの生活習慣は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防にも共通しています。

・食事は1日3食幅広い食品をバランスよく食べる。

・腹八分目に食べる。

・脂っこいものは控えに(コレステロール、飽和脂肪酸の多い食品)

・間食は控え、就寝前に物を食べない

・甘いもの、塩分を控えめにする

・お酒を飲みすぎない(エネルギーの過剰摂取を招く)

コレステロール値が気になる人は、確かにコレステロールが高いものを避けた方がよいと思われがちですが、同じお肉を食べても、コレステロールが高くなる人もいればならない人もありますので、一概にいえません。

また例えばごはんや甘いものの糖質を食べ過ぎても、消化されてあまった分は脂肪として蓄えられるため、注意が必要です。ようは食べ過ぎない事が関心ですね。

引用元-3/3 脂質異常症(高脂血症)を予防する食事 [食と健康] All About

脂質代謝障害になったら気をつけたいこと!

体にいい脂をとろう

コレステロールが高いと言われたとき、コレステロールの摂取量が問題になるのは当然ですが、それだけ気をつければいいのでしょうか? 

実は、摂取する脂肪 の種類も、コレステロールや動脈硬化に影響を与えるため大切です。

食事中に含まれる脂肪の中でも、どんなものが体にいいのかお話ししましょう。

食事の脂質の主な成分は脂肪酸という物質です。

脂肪酸には、悪玉コレステロールを上昇させる質の悪い脂肪酸(飽和脂肪酸)と、逆に悪玉コレステロールを軽 度低下させる作用のある質の良い脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)があります。

質の悪い脂肪酸

飽和脂肪酸:動物性の脂肪…ラード(豚脂)、牛の脂、鶏皮、ベーコン、脂肪の多い乳製品、洋菓子、アイスクリーム、ココナッツ油などに多い。

質の良い脂肪酸

不飽和脂肪酸:植物性の脂肪、魚類の脂肪…オリーブオイル、なたね油、ゴマ油、大豆油、青魚(サバ、イワシ、アジなど)などに多い。

いずれも過剰摂取はカロリーオーバーになるので、注意が必要です。

質の良い脂肪酸をとっている人はコレステロールが低いことが分かっていますので、できる だけ質の悪い脂肪分は控え、質の良い脂肪酸を摂取して、脂質異常症をより改善させる食事へ工夫してみましょう。

引用元-[85] 「脂質異常症」といわれたら | 肥満・糖尿病 | 循環器病あれこれ | 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

twitterの反応


https://twitter.com/omake_moe/status/648132075246088193

 - 病気・薬

ページ
上部へ