新しい知識は新しい自分を見つける扉の入り口

気づきの部屋

母子家庭の生活保護は29万支給は?保護費の支給額は!

      2016/12/21

母子家庭の生活保護は29万支給は?保護費の支給額は!

母子家庭で、生活に困窮している時は生活保護はいくらもらえるの?

母子家庭で生活保護費29万受け取れるのは高い?低い?

生活保護はどんな人が申請をするの?生活保護を受けるには色々な条件があります。申請の仕方をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
自宅で簡単に出来る!ハーブシャンプーの作り方

髪にとって良い効果のあるハーブ。最近では、自分で簡単に作...

no image
気分も明るくなる!?リビングにおすすめの照明の色をご紹介!

リビングとは、家族みんなが集まって団欒するとても大切なス...

no image
大学のゼミが苦痛なときは辞めてもいい?メリット・デメリット

大学のゼミにはいったいどんなメリット・デメリットがあるの...

no image
運転免許がゴールド免許になると、こんな利点もあります!

優良運転者の証し、ゴールド免許には様々な利点があるのをご...

no image
ドグマチールの副作用とは?太るのはドグマチールの副作用?

ドグマチールの副作用にはいったいどんなものがあるのでしょ...

no image
便に黒いものが混ざる…これって病気?それとも…

便を見てみるとなんだか黒いモノが混じっているように思う…...

no image
ツバメの巣立ちの前に巣を撤去すると法律違反になる可能性が?

ツバメの巣立ち後には巣を撤去してもいいのでしょうか? ...

no image
キッチンの換気扇には寿命がある!?交換の目安と換気扇の選び方

キッチンの換気扇には寿命があるって知っていましたか?毎日...

no image
23種類もある【無線】の資格は就職・転職に有利です!

無線の資格の種類は23種類に分かれていて、個人で楽しむも...

no image
郵便で送る宛名や敬称の書き方マナーをご紹介!

郵便物のや宛名の書き方ってみなさん意味は知っていますか?...

no image
秋キャンプは寝具が大事!寝具下の冷気対策も忘れずに!

秋にキャンプをしようと計画した場合、最も大事なのが寝具選...

no image
溶接の資格は強い?溶接資格の種類と取り方を調査しました

手に職を持っていれば…なんて言われますが、工業系の仕事と...

no image
壁紙にカビが・・・アパートに住む時のカビを生やさない対策方法

アパートの壁紙にカビが発生!まずは家具を置いている位置を...

no image
彼女と結婚するか迷う・・・迷う理由と、結婚の決め手をご紹介!

彼女の事は好きだけど結婚するかどうかを迷う・・・そう迷う...

no image
猫もストレスが溜まる・・・地震で怯えている猫への接し方

大地震が起こると猫も人間と同様恐怖を感じ、そしてストレス...

no image
手入れが面倒な庭をコンクリートに!その費用について調査!

雑草が生えて手入れが面倒な庭・・・もしコンクリートにする...

622721
旦那さんのお弁当作りで節約!簡単節約方法をご紹介します。

旦那さんのお弁当を作ることは本当に節約できるもの? ま...

664384
大学のテストはノー勉でクリアできる?点が取れても運がいいだけ!

大学のテストを全くの「ノー勉」や「無勉」という勉強していない...

482538
pdfの印刷を複数からまとめて印刷する方法を解説!

複数あるpdfを一括でまとめて印刷したくても方法がわからない...

209326
カブトムシ さなぎ こばえ

カブトムシ さなぎ こばえ ...

スポンサーリンク

ある母子家庭の生活保護費の支給は29万円?用途は?

<女性の生活保護支給額>
・住宅扶助 54000円
・生活扶助 219580円
・教育扶助 19000円
計292580円

<用途>
・家賃 54000円
・食費 43000円
・電気代 5200円
・ガス代 8300円
水道代 0円
携帯電話代 26000円
固定電話料金 2000円
おやつ代 7000円
外食費 2000円
日用品 37000円
※石油ストーブなど含む
灯油代 4000円
交通費 1000円
医療費 2700円
※市販の風邪薬
被服費 20000円
交際費 11000円
娯楽・習い事費 40000円
※主に子供の習い事
学校関係費 13000円
残り 15380円

この内容を見たネットユーザーたちは「固定電話の料金はいるのか?」、「携帯電話料金が高すぎないか?」、「普通の家庭でも子供の習い事に4万円もかけられない」、「そもそも支給額が高すぎる」など、といったコメントを残していました。
引用元-生活保護で月収29万円の女性「減額されたら食費を切り詰めるしかない」ネットの声「先に2万6千円の携帯代減らせば?」 – ライブドアニュース

母子家庭で生活保護はいくらもらえるの? 29万は本当?

母子世帯で、母が健康で働ける場合は仕事をしなくてはなりませんが、これだけの収入を得るのには、相当の資格がないと無理でしょう。(最も、母子家庭の場合、児童手当と児童扶養手当が出るので、その分は差し引かれます。この場合、児童手当が2万円、児童扶養手当は約4万円になりますので、合計で6万円がさしひかれるので、実際にいくら生活保護費がもらえるかといえば、22万6千円になります) しかし、22万6千円を毎月稼ぐのは容易ではありません。というか無理でしょう。実際には、母子世帯の母は、パートなどで、10万~15万円稼ぐのがやっとのようです。仮に額面で15万円の給料とした場合、約3万の控除がつきます。そのため、実質、この世帯は月額30万円の生活を送っていると考えていいでしょう。

この他にも一時的ですが、子供がいる事によって支給される場合があります。例えば、子供が小学校に入学する場合、中学校に入学する場合、生活保護費はいくらもらえるのでしょうか。小学校の場合、約4万円、中学校の場合、約5万円です。また、良く滞納で話題になる給食費は無料です。だから、生活保護を受けている人で、給食費を滞納する人はいません。学校の教材費も支給されます。(実費分なので、学校によってもらえる金額は違います)
引用元-生活保護費はいくらもらえるのか。 | 生活保護「裏」情報サイト

母子家庭の生活は本当に大変!生活保護29万でも・・・。

私の診ていた患者さんで、具体的に例をひとつあげてみましょう。

40代女性の方、もともとは看護助手として仕事もしていました。高度肥満の方で糖尿病をかかえています。うつ状態を契機に退職し、その後生活保護が長年続いていました。精神遅滞とまではいかないけれども、IQは低めの方です。

「お金が苦しくて困っている」というので、ソーシャルワーカーさんにお願いして家計簿を整理してもらいました。そして判明したのが、「タブレット端末の7台契約」です。ここまで聞くと、「これだから生保は税金で贅沢している・・・」と思う方もいるかもしれません。

冷静に考えてみてください。彼女はタブレット端末を7台も必要としているでしょうか?必要なんてないのです。実際に使っていたのは2台しかありませんでした。どうして7台も契約してしまったのかと彼女に聞くと、このように答えてくれました。

「契約特典にひかれて話を聞いてみたら、店員さんにすすめられて」

この契約のせいで彼女は月の通信費が6万にもなり、生活費がないと苦しんでいたのです。契約を解除しようにも違約金があるからできない・・・となっていました。さらには、店員さんに騙されたとは思っていないのです。

店員さんからすれば、「都合よくいった客」のひとりかもしれません。仕事としてあまり悪気なくやっていることが、知らず知らずに搾取になっているのです。
引用元-医者と学ぶ「心のサプリ」 | 「月29万円の生活保護の母」は本当に苦しんでいる

母子家庭で生活保護をもらうためには条件がある

生活保護の大前提としては、受給できるその他の手当てや制度は先に使い切るという重要な項目があります。 母子家庭の場合ですと、18歳未満のお子様がいて高収入でなければ児童扶養手当が受給できます。 子供が1人で最高月額が41,720円になり、これは申請していなければ先に受給をしてもらうことになります。 ただし別れた不貞の夫から養育費を貰っている場合は金額によって、児童扶養手当の所得制限に達してしまいます。 それ以外にも家族が死亡した際の遺族年金や公的年金が支給されるのでしたら、生活保護の基準としての収入の条件項目から必然的に差し引かれる形になります。 貰える金額を全部計算しても、それでも1ヶ月の生活をする金額にどうしても不足するようですと、その段階で最終的に認定になるわけです。
引用元-母子家庭の生活保護の計算と基準

生活保護を受けるには「親族の善意の援助」という条件からだと思います。 収入が少ない母子家庭で、3親等以内のかたが援助できる状態にあれば即座に却下されてしまうからです。 また驚愕の信じられないデータとして、「母子家庭で受けた人の子供は4割が親と同じ道を辿る」というもので貧困連鎖と呼ばれてます。 これは、働いて得る収入が少ない世帯の子供も将来は収入が少ないという数学的な裏付けになります。 注意すべき要因としては、学生時期に十分な子供の教育に費用を掛けてないことだと言われています。 また親が楽して陳腐な人生を送っているのを見ています
引用元-母子家庭の生活保護の計算と基準

母子家庭や父子家庭が生活保護を申請するには?

母子家庭や父子家庭などと言ったひとり親家庭である場合、どうしても子どもの世話のために働く時間を削らなくてはならなかったりして生活保護を受けなければ生活が難しくなってしまうと言う場合も多いです。
この場合生活保護を受けるための条件はどのようなものがあるのでしょうか。

まず、生活保護を申請する以前に他のひとり親家庭を対象としている手当などを見直す必要があります。
この手当として挙げられるのが児童扶養手当や父親や母親が死亡した際の遺族年金、離婚していれば養育費もこれに考慮され、これらがあっても生活していくのが困難な状況である場合生活保護を申請することが認められます。

この金額に関しては厚生労働省の定めた最低生活費が基準となっており、この金額は子どもの数や年齢によって異なりますが、だいたい15万円周辺となります。
引用元-母子家庭・父子家庭が生活保護を受けるには

この生活保護の申請を行う際には自分の生活が本当に困窮していることをしっかり役所側に伝えなければなりません。
母子家庭でなくて、生活が苦しくて申請を行っても申請が通らなく、苦しい生活を送っている人はたくさんおり、これに関しては社会問題にもなっています。
そのため、母子家庭であっても申請が通ることは難しく、役所に申請しに行っても申請書そのものをもらえない場合も多いので、しっかりとしたこれに関する知識がある人と一緒に訪れるのが理想的です。
引用元-母子家庭・父子家庭が生活保護を受けるには

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ