新しい知識は新しい自分を見つける扉の入り口

気づきの部屋

【夏】赤ちゃんとのおでかけや買い物などの注意点とは

      2016/11/30

【夏】赤ちゃんとのおでかけや買い物などの注意点とは

夏に暑いからといって、毎日部屋に閉じこもってばかりはいられませんよね。

では、赤ちゃんとの夏のおでかけなどはどのようなことに注意するべきか?

そこで、赤ちゃんとの夏のおでかけや買い物などの注意点についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

6e85772caf942f4122adfd6f9018cac8_s
嫁の実家へ帰省するのは嫌!?旦那の本音とは・・・

お盆やお正月など、義実家へ帰省することがありますよね。世の中...

8ff0a63ad0384b250562f8b4b06dd7d5_s
胃腸が弱い人はヨーグルトが逆効果に。効果的な食べ方と注意点

胃腸が弱いからすぐにお腹をこわしてしまう。ヨーグルトを食...

5e29add35330ca8ab912a32fd4bd59aa_s
ホントにあるの!?マンションの隣人との恋愛事情

あなたはマンションの素敵な隣人に恋をしたことはありますか? ...

63c46763fcafe1795357d98ea2086d64_s
ベビーカーで電車派?抱っこひもで電車派?メリット・デメリット

ベビーカーで電車を利用すると迷惑がられてしまいますよね…。 ...

2b2ae563289d9fb51a569e3d5937a19e_s
ハローワークの登録は在職中でも可能!配慮もしてくれる!

ハローワークの登録は会社を辞めてからじゃないとできないと思っ...

b41d8985ed2773de11a9dcc391cf5f99_s
ニートで就活をしてる女性!正社員になりやすい仕事はコレ!

女性のニートの方…就活しなきゃと頑張っている人も多くいると思...

37c38c7706bc8189a8a3ca34c12cdee1_s
ステンレス製品が変色するのはナゼ?茶色に変色した時の対処法

ステンレス製品は私たちの身の回りにたくさんありますよね。 ...

4e7146db647fe771bf4e0be0a9d1b23e_s
ガラスの破片を食べるとどうなるの?誤飲の場合の対処法

食器のガラスが割れていることに気づかずに破片食べるとどうなる...

623360
アメリカで生活するぞ!服装はとにかく超ラフが基本だ!

留学などでアメリカで生活することになったら、その土地の気候に...

273661
夏に発生する虫は台所のどこから?予防や対策はついて紹介

夏の台所に発生する虫、コバエの予防や効果的な退治方法について...

089933
高校の勉強で重要な数学!その効率的な勉強法について紹介

高校数学の勉強法について考えてみましょう! まず数学の問題...

531504
自動車ディーラーのクレーム事例や賢いクレームの言い方について

自動車ディーラーへのクレームについて 自動車のクレームにつ...

215696
突発性発疹が原因で起こる咳や鼻水の症状について

突発性発疹で咳や鼻水が出た時の対処法とは? まず突発性発疹...

a3510145012884f216c06cd5f05fa21d_s
日本の飛行機の歴史ついて紐解いていきましょう!

ライト兄弟よりも早く飛行機を飛ばした日本人がいるって本当? ...

890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s
賃貸と1軒家を買うそれぞれのメリットについて

家を買う前にメリットとデメリットについてよく理解しておくこと...

e285cb62d9819cf98942f61a2fa62ede_s
ドッペルギャンガーの自転車は改造しないと意味がない!

ドッペルギャンガーの自転車と言えば「改造」ですね。 改...

4edce5feb0556fa9ac296f63d8c14fb7_s
バレンタインのデートの食事代はどちらが払うのかについて

バレンタインのデートの食事代はどちらが持つのがスマート? ...

9cfd8c4279f16b3c1fb732b2a205b0bc_s
猫を病院へ連れて行って帰ってくるとほかの猫を威嚇するように

猫は慣れない場所へ行くことを好みません。 動物病院は色...

05b6b89923fd8b13f61ac6b1ffb276cc_s
塾の先生と生徒のメアド交換は禁止されているところが多い!

塾の先生と生徒のメアド交換は出来るの?規則で禁止されている?...

708cc32362e8835f300c757e413f56e0_s
女友達が多い彼…こんなことが嫌!守ってもらいたいルール4つ!

女友達の多い彼と付き合っていたら、いろいろ不安になって嫌にな...

スポンサーリンク

赤ちゃんとの夏のおでかけや買い物について

暑いからといって、毎日エアコンのきいた部屋に閉じこもってばかりでは、ママも赤ちゃんも煮詰まっちゃいますよね。暑くても、外に出れば気分転換がはかれます。ほんの少し気を配り楽しくお出かけしましょう。

日差しが強い時間帯は避けて

1日で紫外線が強い時間帯は10~15時の間。特に11~14時は日差しも強く気温も上がるので、できればこの時間帯を避けての外出を。炎天下の公園遊びは赤ちゃんの体に負担がかかるので、日中は児童館などを利用して屋内で遊ばせるとよいでしょう。買い物は開店直後か、夕方少し涼しくなってからがよいでしょう。

帽子はつばの広いものがベター

夏の外出では、日焼け&日射病対策に帽子が必需品。なるべくつばの広いものをかぶせ、紫外線からお顔をしっかりガードしてあげましょう。日よけ付きキャップもよいですね。帽子を嫌がる赤ちゃんの場合、ママがパラソルをさしたり、タオルやバンダナなどで影を作ったりして、直射日光があたらない工夫をしてあげてください。
引用元-夏のおでかけ ~ご近所編~ お散歩、公園遊び、お買い物等 – gooベビー

赤ちゃんとの夏の買い物の時間帯について

私の息子も10か月です^^

朝寝なしで昼寝を2時間くらい・・・夜も起きますねぇ・・・。

私の一日は朝だいたい7時起床
旦那の弁当つめ朝ご飯の支度を30分で済ませます。

子供の離乳食。夜の残りか朝はてっとり早くパンなんかで済ませたりベビーフードを活用したり^^食べさせたら
洗濯

掃除
これで子供の相手してたら昼前ですね☆

今までは涼しかったので朝も30分くらいの散歩に出かけていましたが最近は10時から気温30度近いので無理^^;

買い物や散歩は夕方6時~6時半の間に出かけています(子供にはアイスノン入れて^^)自分汗だくw
帰ってくるのは7時過ぎです。

なのでその前の時間にお風呂だけは済ませてますよ☆そしたら一仕事は減るし、気になるなら後で汗だけ流せばいいですしね^^
ご飯はそれからです。手がかからないものをさっさと作って終わり!

日差しさえ防げて風が熱風でなければいいと思いますが、私はそこまではしないですかね☆
代わりにベランダで水浴びさせてますペットボトルでw

毎日お互い大変ですね!同じような方がいるんだなと思ってたくさん書いちゃってすみません^^;頑張りましょうね♡
引用元-朝寝をしている赤ちゃんがいるママさん。夏の買い物の時間帯について質… – Yahoo!知恵袋

赤ちゃんの夏の散歩や買い物、経験談

娘の夏の散歩時間は、15分という短時間でした。

春の頃は、30分程、散歩をしていたのですが、いくら夕方になって、やや気温が下がったと言えども、25℃以上の気温の中は、じっとり汗をかきます。

それでも、娘の汗のかき方や体温などを、手で触って、確かめながらの散歩で、春に気持ちよく散歩していた時より、気を使って疲れましたね。

散歩で、しっかり汗をかき、帰ってきてシャワーを浴び、離乳食を食べ授乳したら、しっかり眠ってくれました。

いい気分転換なのでしょうね。しっかり眠ってくれるのは助かります。なので、その日1日、外に出なかった日は、夕方は、散歩に出るようにしましたよ。

買い物や1日に何度も行くことも

私は、毎日買い物に行くことは無く、3日に1回程度だったのですが、

買い物に行く日は、それを散歩として、夕方に特別、散歩に行くことはしませんでした。

車に乗せて、移動して、スーパーの中を回るだけですが、それも良い気分転換です。

娘を連れていると、いろんな人が顔を覗き込んで、笑いかけてくれ、それもいい刺激ですね。

散歩は、1日1回、同じ時間と決めて行っているわけではありませんでした。

同じ時間の方が、生活のリズムを作るうえでは良いのでしょうけれど、色々、用事もありますから、なかなかそうはいきません。

引用元-赤ちゃんの夏の散歩はどうしよう?暑い昼間に出ていいの? | ちびっこの成長を楽しもう♪

赤ちゃんの夏の散歩の時間帯とは?

1 赤ちゃんの夏のお散歩は早朝か夕方

一日の中で紫外線が強い時間帯は、午前11時頃から午後14時頃です。
紫外線が特に強い春や夏はこの時間帯を避けて、早朝か夕方の涼しい時間にお散歩するようにしましょう。

夏場は、アスファルトからの照り返しが強く、夕方になってもなかなか熱が冷めません。そのため、真夏のアスファルトは60℃近くになっているとも言われています。
ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、この照り返しをもろに受けてしまうので、夕方のお散歩でも、抱っこ紐を使うなど注意が必要です。

また、猛暑日を記録するほど暑い日は、お散歩は控えた方が良いでしょう。

2 お散歩はママがつらくないペースで

外気に触れると、抵抗力がついたり、体内時間が整ったりと赤ちゃんにとってたくさんのメリットがあります。
しかし、ママの体調や気分が優れない時にまで、散歩をする必要はありません。

ママだって暑い季節は、夏バテすることもありますし、睡眠不足になるママも少なくないと思います。「毎日散歩しなきゃいけないのかな…?」と、無理に散歩しているママはいませんか?
散歩はママもリフレッシュの時間とするべきでしょう。ママがつらくないペースで、お散歩を楽しむことが大切です。
引用元-【夏】赤ちゃんの散歩の必須アイテム/時間帯など紫外線・熱中症対策8 – マーミー

夏の赤ちゃんと散歩のキホン!

ベビーカーはとっても暑い!

ベビーカーは地面の照り返しがあって、実は私たちが感じている温度よりも暑いんです。
大人が32℃の気温の場合、ベビーカーは照り返しの熱で36℃にもなっているのです。
日差しが強い日に地面に触れてみると分かると思いますが、鉄板のように熱くなっています。その熱が低い位置にあるベビーカーに照り返され、危険な温度になります。
日よけのために、ベビーカーのカバーを下げておくと熱がこもってしまうので、赤ちゃんの様子をこまめに確認してください。

暑さ対策のためにベビーカー用の冷却シートがありますので、ベビーカーの下に敷いてあげるとひんやりとして熱中症対策になります。

長時間移動するときは、お弁当用の保冷バッグに保冷剤を多めに入れておくと、入れ替えられるので便利です。

脱水症にならないように、水分補給をしっかり!

赤ちゃんはとっても汗っかき。汗腺の数は生まれたときにほぼ決まっているので、大人よりも体の小さな赤ちゃんの方が汗をかきやすいのです。
脱水症にならないように水分補給はしっかりとしてください。

離乳食が始まった赤ちゃんは、湯冷ましや麦茶。母乳の赤ちゃんは、母乳で水分補給をしてあげれば大丈夫です。
引用元-» 【夏】赤ちゃんと散歩〜時間、服装、日焼け・紫外線対策のキホン! 子育てBaby

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ