新しい知識は新しい自分を見つける扉の入り口

気づきの部屋

高校の勉強で重要な数学!その効率的な勉強法について紹介

      2016/12/12

高校の勉強で重要な数学!その効率的な勉強法について紹介

高校数学の勉強法について考えてみましょう!

まず数学の問題は、3分考えても解き方が全く何も浮かばない時は、すぐに答えと解説を見ましょう。分からない問題をずっと考えるのは時間の無駄となってしまいます。

その代わり、他の問題で解説を読んだら理解できる問題に関しては、徹底的に理解し解法を暗記していきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
自宅で簡単に出来る!ハーブシャンプーの作り方

髪にとって良い効果のあるハーブ。最近では、自分で簡単に作...

no image
気分も明るくなる!?リビングにおすすめの照明の色をご紹介!

リビングとは、家族みんなが集まって団欒するとても大切なス...

no image
大学のゼミが苦痛なときは辞めてもいい?メリット・デメリット

大学のゼミにはいったいどんなメリット・デメリットがあるの...

no image
運転免許がゴールド免許になると、こんな利点もあります!

優良運転者の証し、ゴールド免許には様々な利点があるのをご...

no image
ドグマチールの副作用とは?太るのはドグマチールの副作用?

ドグマチールの副作用にはいったいどんなものがあるのでしょ...

no image
便に黒いものが混ざる…これって病気?それとも…

便を見てみるとなんだか黒いモノが混じっているように思う…...

no image
ツバメの巣立ちの前に巣を撤去すると法律違反になる可能性が?

ツバメの巣立ち後には巣を撤去してもいいのでしょうか? ...

no image
キッチンの換気扇には寿命がある!?交換の目安と換気扇の選び方

キッチンの換気扇には寿命があるって知っていましたか?毎日...

no image
23種類もある【無線】の資格は就職・転職に有利です!

無線の資格の種類は23種類に分かれていて、個人で楽しむも...

no image
郵便で送る宛名や敬称の書き方マナーをご紹介!

郵便物のや宛名の書き方ってみなさん意味は知っていますか?...

no image
秋キャンプは寝具が大事!寝具下の冷気対策も忘れずに!

秋にキャンプをしようと計画した場合、最も大事なのが寝具選...

no image
溶接の資格は強い?溶接資格の種類と取り方を調査しました

手に職を持っていれば…なんて言われますが、工業系の仕事と...

no image
壁紙にカビが・・・アパートに住む時のカビを生やさない対策方法

アパートの壁紙にカビが発生!まずは家具を置いている位置を...

no image
彼女と結婚するか迷う・・・迷う理由と、結婚の決め手をご紹介!

彼女の事は好きだけど結婚するかどうかを迷う・・・そう迷う...

no image
猫もストレスが溜まる・・・地震で怯えている猫への接し方

大地震が起こると猫も人間と同様恐怖を感じ、そしてストレス...

no image
手入れが面倒な庭をコンクリートに!その費用について調査!

雑草が生えて手入れが面倒な庭・・・もしコンクリートにする...

622721
旦那さんのお弁当作りで節約!簡単節約方法をご紹介します。

旦那さんのお弁当を作ることは本当に節約できるもの? ま...

664384
大学のテストはノー勉でクリアできる?点が取れても運がいいだけ!

大学のテストを全くの「ノー勉」や「無勉」という勉強していない...

482538
pdfの印刷を複数からまとめて印刷する方法を解説!

複数あるpdfを一括でまとめて印刷したくても方法がわからない...

209326
カブトムシ さなぎ こばえ

カブトムシ さなぎ こばえ ...

スポンサーリンク

高校数学の効果的な勉強法とは

一つの問題に対する理解度を底上げする

数学の勉強法の定石ですが、問題を多くこなすことは長期的に成績が頭打ちします。解答をノートに書き写すのを繰り返す勉強法も間違いではないですが、どこか限界を感じると思います。

基礎力が本当に大事になってきます。基礎が全ての礎であり、基礎の元に応用問題があります。

河合塾や東進など大手予備校では、基礎の復習を徹底的に重視します。基礎がないと積み上げてもどんどん崩れ去っていくんですよね。

覚えても覚えてもどんどん忘れてしまう..。という勉強をしている高校生のほとんどが基礎がでいていない。高校数学でいるなら、受験で求められている基礎ができていない人が多いです。

いろいろな本が世の中でていて、どの参考書を使えばいいか迷う人がいますが僕は数学の基礎を学ぶものとして、『新課程チャート式基礎からの数学1+A』を使っていました。僕の経験ですが、チャート式シリーズは全部で2000問以上ありますが、これを全部完璧にすれば、応用問題をまったくせずにどの大学でも受かる学力がつくと断言できます。僕は個別指導塾で指導していた経験がありますが、高校2年の秋から文系から理系に転換した生徒を、国立大学の理学部に送り出した経験がありますが、徹底的にチャート式を何回もやらせました。

青・赤・白・黄のレベルがあるんですが、基本的に青チャートができれば大学入試の問題に関しては問題ありません。
引用元-数学嫌いの僕が半年で偏差値を40上げた要領の良い高校数学の勉強法 – バイタリティーに生きる

高校数学で偏差値65を取った勉強法について

1.1日に何題解くかを決める

数学は、たった数週間ぐらい勉強しただけでは、点数が伸びる教科ではありません。ある程度の知識の積み重ねをして、はじめて点数が伸び始める教科です。

なので、数学の点数を上げるためには、日々の勉強からモチベーションを維持していかなければいけません。人間の性質としては、身近に目標があるほどやる気も上がるので、自分で「1日に何題解く」という目標を立てましょう

具体的にどのようにスケジュールを立てると良いの?

具体的に例を示すと、全部で80問ある問題集を使うとします。それを使って、2ヶ月後(60日)にある模試で偏差値60を取ることを目標にするとしましょう。

ボクの経験からすると、数学の問題集は同じものを3~4周繰り返し復習をしていけば、問題とその解き方が理解できて、頭に染み込んでいきます。

なので、2ヶ月でやるべき実質の問題数は、80問×3周=240問。それを2ヶ月(60日)でやるので、240÷60=4問。つまり、1日4問ずつ問題を解いていけば、次の模試で偏差値が60まで上がるという勉強スケジュールが立てられます。

2.正しい数学の問題の解き方

数学の問題は、3分考えても解き方が何も浮かばない時は、すぐに答えと解説を見ましょう。分からない問題をずっと考えるのは、苦痛以外の何者でもありません。

解説を読むコツとしては、自分がつまづいた部分を重点的に理解し、覚えようとして下さい。例えば、ベクトルの問題で、「実数をkと置くのを忘れていた」のがつまづいたポイントであれば、そこの部分を徹底的に理解して覚えます。

もし、解説を読んでも理解できない場合は、そこの問題は飛ばします。その代り、他の問題で解説を読んだら理解できる問題を徹底的に理解し、解法を暗記していきましょう。
引用元-数学勉強法|高校数学で偏差値65を取った勉強法

高校の勉強で数学が苦手な人必見!

数学の苦手を克服したい人には、次のパターンがあるのではないだろうか?

①数学の定期テストでもうまいように点が取れない人
② 数学の定期テストは点取れるけれど、校内実力テストややさしめな模試(進研模試など)などの入試準備レベルになると点が取れない人
③①や②なら何とかなるが、入試標準レベルになると点が取れなくなる人

しかし、このようなレベルで数学に苦手意識を感じる人は、それぞれによりレベルの違いは大きいが、結局はやはりどの人も数学の問題を解く知識が不足(あるいは知っていても理解不足)である可能性が高い。そこで、数学で必要な知識を完璧に詰め込むことからまず始めることになる。しかし、その前に……

①の人も②の人③の人も確認しておきたいこと!
試験で問われる数学というのは、当り前のことだが、教科書に載っている定義や定理が頭に入っていることを前提に行われる。したがって、このようなことは絶対に完璧になっていなくてはお話しにならない。

ところが、それをおろそかにしている人は意外に多いように思える。特に、ある程度勉強が進んだ“高校数学中級者”が教科書レベルの内容なんてと無意識にわかった気になって初心を忘れていることは多い。

引用元-数学の苦手な人が知らない正しい高校数学勉強法:(2)数学で必要な知識をつける勉強法~数学苦手を克服へ!

高校数学を勉強するときのポイント

使う教科書や参考書が違えど、はじめにやることは変わらないと考えています。まず、どんなものにも説明が載ってあります。各章の説明を頭に入れないまま学習するのはあまりおススメできません。なぜなら、その説明を飛ばしてしまうと自分がこれから何を求めればいいのか分からなくなってしまうからです。

最初は比較的簡単ですから問題を解けるかもしれませんが、いつかはつまずいてしまいます。
説明を読んで自分が何を求めなければいけないかを整理しましょう。

例題を解く

説明を読みますと、次は例題に取り掛かりましょう。例題には詳しい解説や解法が紹介されているかと思いますが、まずは見ないで解けるかどうかやってみましょう。2分くらい考えて手が全く動かなければ、解説を見ながら自分で手を動かしながら解くようにしましょう。

類題を解く

例題を解き終わったら、類題に取り掛かります。どんな問題集も例題の次には、類題が数題から10数題用意されています。こちらは解説が紹介されていませんから、はじめから自力で解かなければなりません。類題は例題の知識さえあれば解ける問題です。

章末問題を解く

例題、類題をある程度こなしますと、気付けばその章が終わっていたなんてことがあるかもしれません。すると必ず章末問題にたどり着きます。章末問題は一筋縄ではいかない問題が数多く収録されていることが多いかと思います。章末問題は類題で出た知識を最大限に活用すれば解ける問題であることが多いでしょう。

私が昔使っていた参考書の章末問題はほとんどが実際に大学入試で出題された問題が多数収録されており、かなり苦労した記憶があります。
引用元-数学に勉強法って?あなたに合った勉強法を「5つの中」から見つけよう!|WELQ 【ウェルク】

高校数学の勉強について考えてみよう

成績を上げる特効薬、劇薬は存在しません。無駄なことはしないように効率のいい方法は存在し、当ブログでもご紹介していますが、それ以上のものはありません。

特に、私が数学の苦手を克服するためにしたことは 『我慢をすることを覚えた』ことが一番大きかったです。我慢とは、

  • 理解できないことを我慢して理解するために取り組むこと
  • 解けない問題が多くても我慢し1つ1つ解法を覚えていくこと
  • 分からないことが多くて勉強時間の割りに全然進まないこと
  • 成績が上がるためには1ヶ月から3ヶ月は我慢して勉強しなければならない

この『我慢をすること』が数学の苦手スパイラル、負の連鎖から抜け出すための最も大切なポイントです。『一番大切なことがこれ?』と拍子抜けするかもしれませんが、意外に我慢することは辛く大変なことです。

1冊の参考書を極めるというが大切

何度も同じことを繰り返していっていますが、 数学の点数は参考書を1冊終えるごとにあがります。なので、1ヶ月以上かかることもあるかもしれませんし、3ヶ月間も成績が上がらないことがあるかもしれません。

しかし、1冊を完全に仕上げきったら必ず違う世界が見えます。成績が伸び、力がついたことを客観的にも分かりますし、実感もできます。
なので、 むやみに2冊目に移らないでください。1つを完全にマスターしてください。
引用元-数学が大嫌いな人の勉強法-苦手克服の4ポイント- | EVOLVE 進化する勉強法=受験に必要な参考書

 - 勉強・学校

ページ
上部へ