新しい知識は新しい自分を見つける扉の入り口

気づきの部屋

マラソン用靴下、ランニングに合わせて厚手・薄手を使い分け!

      2016/12/16

マラソン用靴下、ランニングに合わせて厚手・薄手を使い分け!

マラソン用の靴下には厚手・薄手があります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、ランニングに合わせたソックス選びがポイントになるようです。

ランニングシューズも重要ですが、靴下選びも大切です。

ランニングソックスについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
自宅で簡単に出来る!ハーブシャンプーの作り方

髪にとって良い効果のあるハーブ。最近では、自分で簡単に作...

no image
気分も明るくなる!?リビングにおすすめの照明の色をご紹介!

リビングとは、家族みんなが集まって団欒するとても大切なス...

no image
大学のゼミが苦痛なときは辞めてもいい?メリット・デメリット

大学のゼミにはいったいどんなメリット・デメリットがあるの...

no image
運転免許がゴールド免許になると、こんな利点もあります!

優良運転者の証し、ゴールド免許には様々な利点があるのをご...

no image
ドグマチールの副作用とは?太るのはドグマチールの副作用?

ドグマチールの副作用にはいったいどんなものがあるのでしょ...

no image
便に黒いものが混ざる…これって病気?それとも…

便を見てみるとなんだか黒いモノが混じっているように思う…...

no image
ツバメの巣立ちの前に巣を撤去すると法律違反になる可能性が?

ツバメの巣立ち後には巣を撤去してもいいのでしょうか? ...

no image
キッチンの換気扇には寿命がある!?交換の目安と換気扇の選び方

キッチンの換気扇には寿命があるって知っていましたか?毎日...

no image
23種類もある【無線】の資格は就職・転職に有利です!

無線の資格の種類は23種類に分かれていて、個人で楽しむも...

no image
郵便で送る宛名や敬称の書き方マナーをご紹介!

郵便物のや宛名の書き方ってみなさん意味は知っていますか?...

no image
秋キャンプは寝具が大事!寝具下の冷気対策も忘れずに!

秋にキャンプをしようと計画した場合、最も大事なのが寝具選...

no image
溶接の資格は強い?溶接資格の種類と取り方を調査しました

手に職を持っていれば…なんて言われますが、工業系の仕事と...

no image
壁紙にカビが・・・アパートに住む時のカビを生やさない対策方法

アパートの壁紙にカビが発生!まずは家具を置いている位置を...

no image
彼女と結婚するか迷う・・・迷う理由と、結婚の決め手をご紹介!

彼女の事は好きだけど結婚するかどうかを迷う・・・そう迷う...

no image
猫もストレスが溜まる・・・地震で怯えている猫への接し方

大地震が起こると猫も人間と同様恐怖を感じ、そしてストレス...

no image
手入れが面倒な庭をコンクリートに!その費用について調査!

雑草が生えて手入れが面倒な庭・・・もしコンクリートにする...

622721
旦那さんのお弁当作りで節約!簡単節約方法をご紹介します。

旦那さんのお弁当を作ることは本当に節約できるもの? ま...

664384
大学のテストはノー勉でクリアできる?点が取れても運がいいだけ!

大学のテストを全くの「ノー勉」や「無勉」という勉強していない...

482538
pdfの印刷を複数からまとめて印刷する方法を解説!

複数あるpdfを一括でまとめて印刷したくても方法がわからない...

209326
カブトムシ さなぎ こばえ

カブトムシ さなぎ こばえ ...

スポンサーリンク

マラソンの靴下、厚手と薄手では走りに大きく影響する

ランニングに合わせた靴下の厚さ

厚手の靴下と薄手の靴下は走りに大きく影響するため、実際に2種類の靴下を履き比べてランニングを行い、好みの厚さで作られた靴下を見つけるのがおすすめです。

一般的には、薄手の靴下の方が蹴り出す力が地面に伝わりやすく、またランニングシューズから伝わる地面の情報も足が敏感に察知できるため、レースやスピード練習などに向いています。

反対に厚手の靴下は、靴下自体にクッション性があるのと、シューズと足のフィット感(ホールド感とは別物)が高くなるため、長距離のレースやトレーニングなどに向いているとされています。
引用元-ランニングにおすすめな靴下の選び方 | 靴下専門ページ | ピントル

ランニング用靴下のつま先

ランニング向けの靴下には大きく分けてレギュラータイプと五本指タイプ、そして最近注目されている「足袋タイプ」と呼ばれるミトンの手袋のような2本指タイプの靴下が存在しています。

5本指タイプや足袋タイプの靴下は、指で地面をしっかりと捉えることや、ムレや指同士の摩擦を防いでマメのできにくい効果などがありランナーから注目されていますが、一般的な全部の指を包み込むレギュラータイプの靴下もバリエーションの豊富さなどが高く評価されています。

生地の厚みや丈の長さ、素材といった様々な要素を踏まえた上で、つま先のシルエットを選ぶと良いでしょう。
引用元-ランニングにおすすめな靴下の選び方 | 靴下専門ページ | ピントル

マラソン用靴下、厚手・薄手があり、立体的に編み上げたものもある!

 「長時間ランニングするとマメができて痛くなる」「ハーフマラソンを走り終わったあと、足の爪が真っ黒に変色していた」といった経験をしたランナーは少なくないだろう。

実はこういったトラブルを解消するためにはランニングシューズだけでなく、ソックス選びもカギとなる。シューズと比較すると軽視されがちなソックスだが、直接肌に触れ、脚力をシューズに伝える重要な役割を担うもの。自分に合ったソックスを選べばより快適に走ることができ、自己記録の更新にも貢献してくれるはずだ。

ひと昔前と比較するとランニングソックスは大きく進化しており、各ブランド独自のコンセプトを持った製品が発表されている。

日本人ランナーに愛用される“左右別設計の元祖”

数多くの日本人ランナーに愛用され、高い評価を得ているソックスが武田レッグウェアーの「R×L SOCKS」。「右・左別立体設計靴下開発」の実用新案を1997年に取得するなど、ほかに先駆けてソックスの機能革新を進めてきたブランドだ。最近では5本指ソックスがランナーに受け入れられ、日本のロードレースでは高いシェアを占めている。

そんなR×L SOCKSが最近打ち出しているコンセプトが「靴下超立体化計画」。つま先部分を親指側、小指側の長さや太さに合わせて立体的に編み上げ、靴下だけで足首が自立する特殊な製法を採用し、従来のスポーツソックスにはない高いフィット感が得られる。

筆者が同ブランドのラインアップで特に注目したのは、ロンドン五輪の男子マラソン競技にも出場した藤原新選手も愛用している「TRR-10G」。このモデルは土踏まず部分の締め付けも適度で5本指タイプでもないので、ランニング初心者にも受け入れられやすいだろう。
引用元-靴下でタイムが10分縮まる!? “進化系ランニングソックス”大集合 – 日経トレンディネット

マラソン用靴下、用途に合わせて厚手・薄手を使い分ける

1. 厚みは用途に応じて選ぼう
厚手のソックスはクッション性が高いことから疲れにくく、トレイルランニングにも適しています。薄手のソックスは蹴る力が伝わりやすいため、レース等に向いています。

2. 違和感がなければ5本指ソックスがおすすめ
5本指のランニングソックスは、指と指の間隔があくため地面をしっかりと蹴り踏ん張る力がだせます。また、摩擦が減りマメ防止につながります。

3. 丈の長さはハイソックスが高機能
ロング丈のハイソックスは、タイツ同様の効果があり、疲労を軽減してくれます。また、ロング丈とレギュラー丈は足首をサポートしてくれ、くるぶし丈は暑い季節に適しています。

4. 長距離ランナーにはアーチサポート
アーチサポートは、長距離走による疲労軽減・炎症防止に役立ちます。アンクルサポートは、蹴りだしたときのブレを抑える働きがあり、アキレス腱が擦れるのを防ぎます。
引用元-ランニングソックスの選び方と人気おすすめランキングTOP5|YAMA HACK

五本指の靴下は指先を守り出血を防ぎやすい

五本指型の靴下をおすすめする理由

足の指と指との間に靴下が挟まっているので、走っているときに、隣の指の爪が食い込むことがなくなります。
私は結構、爪を切り忘れた時や、大会などで普段の力以上に早いペースで走っていると、爪が隣の指に食い込んで刺さるときがあります。

五本指の靴下を履いていると、靴下が指をガードしてくれるので、それを防いでくれます。

私が初めてランニングの大会に出たときの距離は、15キロだったのですが、その時に履いた靴下はノーマルソックス型でした。
初めての大会だったので、モチベーションが随分あがってまして、タイム的にも結構良かったのですが、ゴールしたあとに足裏をみると、血が出ていて驚きました。

豆とかではなく、右足の薬指がとなりの中指に刺さっていて、血がでていたんです。今思えば五本指の靴下を履いておけば防げたことだと思います。

あと、五本指の靴下は、指1本1本が分かれているので、地面を踏む時、力強く踏める感覚があります。指1本1本が地面を捉えるといいますか、足裏全体で地面を捉えるような感じで走れます。
これらが、五本指型の靴下をおすすめする理由になります(゚∀゚)

逆にデメリットは、履きづらい点ですね(((゜Д゜;)))
ノーマルソックス型は、スッと履けますが、五本指はそう簡単にはいけません。手袋のように指との間が開いていれば、スムーズに着用できると思いますが、足の指は間隔が狭いので、履くのに時間がかかります。
引用元-【靴下は大事!】ランニング用靴下を選ぶ時の4つのポイント | マラソンダイエット中の私が綴るランニングブログ

それぞれの靴下選びのポイント

靴下選びは、トレイルの場合、ややぶ厚めで、ウールの入ったもの(できれば100%)を利用しています。オフロードだけに、悪路を約束されたような大会&練習では、足に負担の少ない靴下を履いています。フルやウルトラは、まだ走ったことありませんが、走る時は、多分トレイルと同じ靴下を履くと思います。
まめや魚の目が出来やすいので、負担を軽くするためにも通気性が良く、汗の吸収のいい素材を選んでいます。
ハーフ・10km以下であれば、薄手の靴下の方が、地面を踏んでいる感じが足の裏に伝わって来るので、良いかと思います。
5本指ソックスを利用してレースに臨んだことがありますが、靴の中で指が遊んでしまい、踏ん張りがきかなくなった記憶があるため、利用はしなくなりました。
引用元-RUNNET – ランナーの知恵袋 質問をみる

ソックスで気を使っている事

①滑り止めが付いている
マメが出来やすいのでマメ防止のため

②5本指もしくは足袋タイプ
なんとなく5本指と足袋タイプは普通のソックスに比べ力が入る感じがします。

③薄手のもの
ソックス内のムレを防いで、不快感を軽減させるため

④大会で新品ソックスを使用しない
シューズと一緒で新品は折り目がついていて足になじんでいない感じがします。
2、3回練習で着用し足になじむようにしてから大会で履くようにしています。
引用元-RUNNET – ランナーの知恵袋 質問をみる

 - スポーツ

ページ
上部へ