新しい知識は新しい自分を見つける扉の入り口

気づきの部屋

恐竜と人間が共存した時代があったという説。科学的には不確実?

      2017/01/05

恐竜と人間が共存した時代があったという説。科学的には不確実?

人類が誕生するよりずっと前に絶滅したはずの恐竜。でも遺跡の中には人間と共存した証拠があるという人たちもいます。

SFやファンタジーの世界でしかないと思われていた恐竜と人間の共存。夢のある話ですが科学的な根拠・確証はまだまだみたい。

ちょっと夢のある恐竜と人間が共存した時代があったのかを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
自宅で簡単に出来る!ハーブシャンプーの作り方

髪にとって良い効果のあるハーブ。最近では、自分で簡単に作...

no image
気分も明るくなる!?リビングにおすすめの照明の色をご紹介!

リビングとは、家族みんなが集まって団欒するとても大切なス...

no image
大学のゼミが苦痛なときは辞めてもいい?メリット・デメリット

大学のゼミにはいったいどんなメリット・デメリットがあるの...

no image
運転免許がゴールド免許になると、こんな利点もあります!

優良運転者の証し、ゴールド免許には様々な利点があるのをご...

no image
ドグマチールの副作用とは?太るのはドグマチールの副作用?

ドグマチールの副作用にはいったいどんなものがあるのでしょ...

no image
便に黒いものが混ざる…これって病気?それとも…

便を見てみるとなんだか黒いモノが混じっているように思う…...

no image
ツバメの巣立ちの前に巣を撤去すると法律違反になる可能性が?

ツバメの巣立ち後には巣を撤去してもいいのでしょうか? ...

no image
キッチンの換気扇には寿命がある!?交換の目安と換気扇の選び方

キッチンの換気扇には寿命があるって知っていましたか?毎日...

no image
23種類もある【無線】の資格は就職・転職に有利です!

無線の資格の種類は23種類に分かれていて、個人で楽しむも...

no image
郵便で送る宛名や敬称の書き方マナーをご紹介!

郵便物のや宛名の書き方ってみなさん意味は知っていますか?...

no image
秋キャンプは寝具が大事!寝具下の冷気対策も忘れずに!

秋にキャンプをしようと計画した場合、最も大事なのが寝具選...

no image
溶接の資格は強い?溶接資格の種類と取り方を調査しました

手に職を持っていれば…なんて言われますが、工業系の仕事と...

no image
壁紙にカビが・・・アパートに住む時のカビを生やさない対策方法

アパートの壁紙にカビが発生!まずは家具を置いている位置を...

no image
彼女と結婚するか迷う・・・迷う理由と、結婚の決め手をご紹介!

彼女の事は好きだけど結婚するかどうかを迷う・・・そう迷う...

no image
猫もストレスが溜まる・・・地震で怯えている猫への接し方

大地震が起こると猫も人間と同様恐怖を感じ、そしてストレス...

no image
手入れが面倒な庭をコンクリートに!その費用について調査!

雑草が生えて手入れが面倒な庭・・・もしコンクリートにする...

622721
旦那さんのお弁当作りで節約!簡単節約方法をご紹介します。

旦那さんのお弁当を作ることは本当に節約できるもの? ま...

664384
大学のテストはノー勉でクリアできる?点が取れても運がいいだけ!

大学のテストを全くの「ノー勉」や「無勉」という勉強していない...

482538
pdfの印刷を複数からまとめて印刷する方法を解説!

複数あるpdfを一括でまとめて印刷したくても方法がわからない...

209326
カブトムシ さなぎ こばえ

カブトムシ さなぎ こばえ ...

スポンサーリンク

恐竜と人間が共存していた証拠が見つかっている?

 恐竜と人間がいっしょに歩いていた科学的証拠があります。この発見によって恐竜が一億年前に生きていたという今までの概念が修正をせまられています。アメリカ、テキサス州パラクシー川でいくつもの恐竜の足跡と人間の足跡が交差しているのが見つかっています。それはまるですべての生き物が何かから逃げようと走り回っているような足跡です。その川の周辺では恐竜と人間の足跡がくりかえし無数に発見されています。

それらの足跡が残るためにはこういう条件が必要です。

1 できたてのやわらかい、そして固まりつつある石灰の上を無数の恐竜、人間が走り足跡をつける。

2 そして足跡のついた石灰が固まらないうちに大量の土砂がその上にかぶさる。

この条件は日常で見られる災害では到底ありえない話です。なにかとてつもない大惨事があったにちがいないと研究者たちは考えています。堆積した土の組成から、地殻大変動による大津波があったと予想されています。
引用元-恐竜と人間の化石が同じ地層から発見

恐竜がいた時代に人間の文明が共存?かなり疑わしいかも

1961年、いつもはほとんど干上がっているペルーのイカ川が氾濫し、あたり一帯が水浸しになった。それは南米のアンデス地方にとって数十年ぶりの大豪雨。突然、増水したイカ川はオクカヘ砂漠の砂を海へと押し流し、それと共に奇妙な絵が彫りこまれた石が発見された。

石は半ば砂に埋まっていた状態で岸辺に散らばっていたという。発見者は地元の農民である。この石が奇妙だったのは、南米では生息するはずのない動植物や、今から6500万年前に絶滅したとされている恐竜と人類の絵、さらには天体観測や外科手術の様子など、高度な文明が存在していたことを示す絵が描かれていたことだ。

これが、通称「カブレラ・ストーン」である。名前は、イカの町で診療所を営んでいた好事家の医師ハヴィエル・カブレラ博士が精力的に収集、保存に努めたことに由来する。
引用元-恐竜と人類が共存した証拠「カブレラ・ストーン」

しかし2人は亡くなるまでその場所を秘密にし続けたため、発掘現場の存在はこれまで一度も客観的に確認されたことがない。 この発掘現場が確認されていないという点は、カブレラ・ストーンの最大の欠点である。

現場がわからなければ本当に発掘されたものか確認が取れない。さらにカブレラ・ストーンのような無機物の石は、年代測定をする際に発掘現場の地層や、同時に発掘された有機物を慎重に考慮して調べなければ正確な年代も特定できない。
引用元-恐竜と人類が共存した証拠「カブレラ・ストーン」

恐竜を知らないはずの人間が恐竜土偶を作った。これは共存の証?

1945年7月、メキシコ北部グワナファート州アカンバロ市郊外のブル・マウンテン(牡牛山)で、考古学マニアのドイツ人実業家ヴァルデマール・ユルスルートは謎の破片を発見した。
以降7年間、彼が使用人ティナヘロと付近の地中をくまなく掘り返した結果、約3万7000体にも及ぶ大量の恐竜土偶が発見されたのだ。
恐竜土偶とはその名のとおり、巨大爬虫類が象られた土偶の事で、そのモチーフはティラノサウルス、プレシオサウルス、ステゴサウルス、プテラノドン等の恐竜が多い。
他にも、翼竜や海竜、猿人などの絶滅哺乳類を彷彿とさせる造形のものがあり、 大半は様々な土質と色合いの粘土細工や焼き物だが、他に花崗岩、ヒスイ、黒曜石等の石彫りも混ざっていたそうだ。
大きさは、5cmくらいのものから、1m以上に及ぶものまであるそうだ。
そして、どの土偶も、いかなる古代文明の様式とは異質ではあるが、エジプト、シュメール、メソポタミアの様式を微妙に用いているのだ。
よくある普通の土偶ならば何ら不思議はない。
だが、この土偶は6500万年前に絶滅したとされる恐竜を象っており、 当然その時代に人類はまだ存在していないし、人類が化石の発見から恐竜の存在を知ったのは19世紀の事である。
引用元-超魔界帝国の逆襲 : 人類恐竜共存説~ダイノトピアは存在したか~

恐竜と人間が共存した時代、今よりも重力は小さかった?

恐竜が滅びて人間がこの世に存在するまで約6000万年もの長期間の隔たりがある。

我々人間が現在の史実として「恐竜」という存在を認識したのは19世紀に入ってから。

本当に最近の出来事だ。

にも関わらず、世界中で人間と恐竜とが共存していたのではないか?という証拠が多い。

神話やオーパーツ的なものもあるが、実際の証拠として物的な証拠も多い。
進化論者には否定したい部分だとは思うが事実として様々な証拠がでてきている。

アメリカのテキサス州パラクシー川付近では、いくつもの恐竜と人間の足跡が交差して存在しているのが発見されている。

引用元-恐竜と人間が共存していた数々の証拠。恐竜はいつまで生きていたのか?!|オカルトまとめ

化石や発掘品など全てにおいて、年代測定が行われているものばかりですが、こうなってくると年代測定自体怪しいものです。

それに神話で出てくるドラゴンなんて恐竜じゃないですか。
どこからドラゴンなんてイメージをしたのか。

化石から、恐竜が存在していたのは確か。

彼らが絶滅してしまったのも事実。

だが、本当に「絶滅」したのか?

もし、人間の存在していた時期とかぶっているのであれば、何故今も生きていないのか?

大型の恐竜に至っては、今現在も謎が多くあり、その中のひとつに、あれだけの体重を地球の重力で考えると立つことすら無理ではないか?というものがある。
恐竜がいた当時はもっと重力が小さかったのではないか?
とも言われている。
引用元-恐竜と人間が共存していた数々の証拠。恐竜はいつまで生きていたのか?!|オカルトまとめ

恐竜と人間はやっぱり共存していなかった…ようです

恐竜土偶は捏造であることが判明しています。
人間のものと思われる足跡は二足歩行する獣脚類の足跡が崩れたもの、または、やはり後世に人が掘ったものです。

このような事を行うのには理由があります。アメリカでは特にキリスト教の福音派に多いのですが、聖書が史実であるべきとする人々が居ます。神様が全ての生き物を作った、6千年位前にこの世界が誕生したと信じる人々は、現実の方をねじ曲げてこのような捏造を行ってしまうのです。それを日本のマスコミが面白おかしく取り上げてしまうと信じちゃう人もでてきてしまいます。
引用元-恐竜と人間は、かつて共存していたのでしょうか… – 動物 | Yahoo!知恵袋

科学的、地質学的、生物学的、それに人類学的にみて、恐竜と同じ時期に人類に似た生物の痕跡が見つかっていませんし、進化のスピードを考えると、哺乳類が誕生してからすぐにサルになる必要があるので、恐竜と人類が共存していたと言うことは無理と結論が出ちゃうんですけど。
引用元-恐竜と人間は、かつて共存していたのでしょうか… – 動物 | Yahoo!知恵袋

単純な話。それが嘘だという事です。この話は全く科学的根拠はありません。
恐竜時代にもほ乳類はいましたが、ネズミのような小型のもので、ほ乳類が急激に進化するのは恐竜が絶滅した後です。
引用元-恐竜と人間は、かつて共存していたのでしょうか… – 動物 | Yahoo!知恵袋

 - 面白ネタ

ページ
上部へ